乗り物を購入したら保険で安心ゲットしよう|目に見えないサポーター

insurance

保険で安心を得る

自動車保険の歴史について

family

自動車を購入したら、万が一の時に自分と相手を守るために忘れずに加入しておきたいのが、自動車保険です。 日本で自動車が乗られるようになったのが大正時代で、その頃には自動車は大変高級品で、一部の裕福層の人たちしか手に入れることができない乗り物だったのです。 まだその当時には、自動車の台数も1000台以下ほどしかなかったにもかかわらず、自動車を所有していた人たちのほとんどが自動車保険に加入していたようです。 これは、真面目で他人を思う気持ちが強い日本人だからこその結果とも言えます。 さらに、昭和30年には、今の自賠責保険の元となった自賠責損害保険法が作られることとなり、翌年には自賠責へ強制加入が自動車を所有する人には義務づけられることになったのです。

大人の自動車保険について

近年では、テレビコマーシャルやラジオなどで良く耳にする機会も多いのが、大人の自動車保険という言葉です。 自動車を所有するということは、ガソリン代や車検、メンテナンス代や税金など維持するのにお金が必要になってきます。 そのため、ほとんどの人が少しでも自動車保険を安くしたいと思っているのです。 そうした声で誕生したのが、大人の自動車保険です。 この大人の自動車保険は、35歳を超えると保険料が変わらないという仕組みを見直し、1歳きざみの保険料体制に変えるとともに、事故率が低い40代、50代の保険料を割安にすることに成功したのです。 そして、保険料は走った分だけなので、走行距離が少ない人には、とっても嬉しい保険です。 自動車保険を少しでも安くしたいと考えている人は、まずは大人の自動車保険の資料請求をしてみるのがおすすめです。